キャンパスライフ

国際ことば学院外国語専門学校のキャンパスは、まさに海外。世界各国から来た留学生とのキャンパスライフは、 毎日が驚きと感動の連続です。年間を通して行われる様々な国際性あふれるイベントやアクティビティも本校ならではの特徴です。学校に来るだけで自然に身につく国際感覚と数々のアクティビティを通して、充実のキャンパスライフを送ってください。

 

Graduates’ Voice

卒業生の声

静岡県立大学大学院
TEH KHANG SIANG (マレーシア)

マルチリンガルビジネスコース 卒業

私は、国際ことば学院外国語専門学校を卒業して静岡県立大学の大学院経営情報イノベーション研究科に入学しました。国際ことば学院は、私が非常に成長した場所でした。日本語能力試験N2とN1をとって、韓国語も基礎から勉強して、ハングル能力検定試験準2級に合格しました。というのは、この学校には頑張ろうと思っている学生を応援する先生がいらっしゃいます。この学校から離れた私は本当に寂しいです。これから、国際ことば学院外国語専門学校に入学を考えている方はこの学校に入っても、初心を忘れずに頑張って頂きたいと思います。2年後、きっと成長していると思います。大学院を目指すためには、研究計画書の作成など大変なことはたくさんありますが、努力すれば必ず成功します。

静岡大学
VEERABAHU ROMESH DEVENDRA (スリランカ)

マルチリンガルビジネスコース 卒業

私は、高校を卒業してすぐに日本へ留学したので、将来は日本の大学に進学することを考えていました。国際ことば学院を卒業し、第一志望の静岡大学に進学しました。家族から離れて来ている私たちにとって国際ことば学院は、学校というより家のようなところで家族と一緒にいるように感じていました。私にとって国際ことば学院に入学したことは正しい選択でした。大学進学を目指している皆さんは、自分は大学に入ってそこで何を勉強したいか、それを決めた方がいいと思います。そして留学生ならまずは日本語をしっかり身につける事です。大学は自分が知っている日本語を使って勉強するところなので、大学に入ってから日本語を勉強しようと思わない方がいいです。

常葉大学 3年編入
竹内 麻祐

マルチリンガルビジネスコース 卒業

国際ことば学院に入ってから将来、韓国語教師や日本語教師を目指すようになりました。国際ことば学院は実践に強い学校です。教師になるためにもっと理論を学びたくて大学編入の道を選びました。大学なので論理的な授業が多く、同じ内容でも違う視点から学ぶことができるので、新しい発見や面白さがあります。国際ことば学院は、普通の学校とは全く違う雰囲気があってとても魅力的であると同時に個性がとても強い学校です。留学生と一緒にいることで以前の自分より考え方や物事に対する感じ方が豊かになったと思います。自分の学びたいことがこの学校にあるかどうかが大切です。私にとっては大正解の選択でした。

 

Students’ Voice

学生の声

ウズベキスタン→国際ことば学院日本語学校
松井 裕子

日本語教師養成講座 卒業

この学校の養成講座を修了後、国際ことば学院日本語学校に採用され、その後JICAのボランティアとしてウズベキスタンへ2年間派遣で行きました。養成講座の模擬授業の前は四六時中授業のことを考え、授業が終わったあとには、受講生の仲間達とあれは良くなかった、ここは良かった、と意見を言い合いました。こんなにも何か一つのことに夢中になったのは久しぶりでした。軽い気持ちで入学した私ですが、あの時夢中になれたのが現在でも日本語教師を続けられている理由だと思います。

国際ことば学院日本語学校
冨山 雅子

日本語教師養成講座 卒業

この学校の養成講座出身の日本語教師の方に、「大変なこともあるが、前の職歴を生かして現在楽しく働いている」「パートタイムで働くことができる」 といったお話を伺い受講することを決めました。現在日本語教師として働いていますが、講義を受けている間は理解するのに精一杯の難しい内容もありましたが、現場に立って「あの時教えていただいたことは、こうつながるのか。」と納得することばかりです。

 

 

マルチリンガルビジネスコース 在校生の声

鈴木 純菜(日本)

韓国のアーティストが好きで、韓国語を勉強したいと思ったのがこの学校を知るきっかけでした。そこで私はKKG WORLD FESという学校主催のイベントの話を聞き、思い切って参加することにしました。優しくオープンな外国人学生たちの人柄に入学を決心しました。

 

YAMADA ODA BEATRIZ NAMIE(ブラジル)

私は人見知りで、友達としか話さないこともありました。その悩みを克服するために、多くの外国人と会って話してみたいと思いました。この学校でたくさんの国の人や文化と出会い、考え方が変わりました。将来は日本語が分からない外国人の力になりたいです。

 

 

尹 心香(韓国)

私は、子供のころに体験した日本行きの飛行機の客室乗務員の心温まるサービスが忘れられず、将来は日本で航空関連の仕事をしたいと思っていました。そしてこの学校のことを知り、入学を決意しました。いろんな国籍の学生がいるので毎日が楽しいです。

 

 

岸 聖也(日本)

日本人よりも外国人の多いこの学校では、外国に近い環境で中国語、韓国語、英語を学べます。また、卒業後は大学に編入できることもこの学校の魅力の一つだと思います。私は将来、英語を使ってグローバルに活動したいです!

 

 

REGMI KRISHNA PRASAD(ネパール)

先輩に薦められてこの学校に入学しました。そして先輩たちが言う通りの学校で私は驚きました。先生たちは親切で教え方が上手いです。また、この学校は就職指導がしっかりしていると聞きました。私も日本で就職を目指して頑張っています。

 

周 薇薇(台湾)

韓国語を学ぶために専門学校を探していてこの学校を見つけました。グローバル時代に語学だけでなく様々な国籍の学生とともにビジネススキルを身につけられるこの学校は私にとても合っています。英語やビジネス日本語が勉強できるところも魅力です。

 

 

 

 

グローバルコミュニケーションコース 在校生の声

FEBRISCHA YUDATAMA(インドネシア)

私は外国人として心配なことがあります。それは生活やアルバイト、将来のことです。ですが、この学校にはインドネシアの先輩や、日本で勉強したいという様々な国の仲間がいます。辛いことも楽しいこともありますが、「この旅は終わらせない」と心に言い聞かせて頑張ります。

 

KSHETRI BIDHYA(ネパール)

先輩に教えられてこの学校を知りました。また同じ国の仲間や優しい先生がいること、教え方が上手なことも教えてくれました。だから、私はこの学校に入学を決めました。そして先輩の言う通り、優しい先生たちで良かったです。学生のサポートをいっぱいしてくれるので嬉しいです。

 

AYE THIDAR MAUNG(ミャンマー)

私の母国、ミャンマーでは日本の会社が増えています。そこで私はミャンマーと日本をつなぐ旅行会社を作りたいです。そのためには日本の企業に就職し、日本の仕事を学びたいです。コンピュータは苦手ですが、授業で勉強できるのでいつも頑張っています!

 

ALI MD SHAHED(バングラデシュ)

学生時代から留学することが私の夢でした。そして静岡の日本語学校に入り、静岡が大好きになりました。この学校は教え方も上手で静岡で一番いい学校だと思います。卒業して日本で数年働いたら母国に帰って働きたいです。頑張ります。

 

AUNG THU(ミャンマー)

私は日系企業で働く父の影響で日本語に興味を持ちました。ミャンマーは政権交代により開かれた国になったので、私は日本へ行くことを決めました。卒業後は日本で働き、いずれはミャンマーで国際的なビジネスができる人間になりたいと思います。

 

HA THI THUONG(ベトナム)

ベトナムでは日本の会社が増えています。だから、日本語を勉強したい日本人も増えています。グローバル化が進む中で様々な国の言葉や文化を勉強してビジネスチャンスに変えたいと思います。そしてコミュニケーションの力を身に付けたいです。夢に向かって頑張ります!

 

 

 

 

国際文化学科 在校生の声

JAVED(バングラディシュ)

私は母国の教育を根幹から変えたいと思っています。そのためには日本の教育学が必要だと考え、日本語の勉強を始めました。この学校は先輩から薦められて知りました。私は夢を叶えるために多くの人と出会い、日本語や日本の文化を学びたいです。

 

PHAN THI HONG(ベトナム)

私は小さい時から日本の文化が好きだったので、日本で医療関係の仕事をしたいと考えています。そのためにはN1の資格やパソコンのスキルが必要ですが、この学校ではどちらも勉強できるので嬉しいです。また夢を叶えるために頑張る人が沢山います。私も頑張ります。

 

VU HOANG THO(ベトナム)

私は将来日本でサービス業に就き日本流の「おもてなし」の精神と方法を学びたいと思っています。そのためには日本語だけでなく総合的なコミュニケーション力が必要です。先輩はそれならこの学校がいいと薦めてくれました。夢を叶えるために頑張ります。

 

POKHAREL ARATI(ネパール)

私は大学院の時に日本の良さを知り、知人の紹介でこの学校への留学を決意しました。プレゼンテーションやITなど、ビジネスに関する勉強ができます。就職や目標に向かって毎日頑張っています。

 

 

ABDUL QAWWAM NURJAYA(インドネシア)

私の夢には日本語と英語の両方が必要ですが、コンピュータの勉強もできると知りました。そこで私は将来の目標にはコンピュータの勉強も必要だと思いました。この学校の恵まれた設備や教育環境で勉強を続けられることがとても嬉しいです。

 

DELOS SANTOS MICHAEL(フィリピン)

私は将来、フィリピンで日本語と英語の学校を作りたいと思っています。なので、この学校で日本語と英語をもっと勉強したいです。先輩や先生たちは親切なので分からないことはいっぱい質問します!沢山の経験や勉強ができるように頑張ります!