トピックス Topics

2018.07.30 ニュース

「KKG WORLD FES 2018」

台風が接近する中ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました!

 当校で行われる一年に一度の最大イベントがワールドフェスティバルですが、今年は、折しも台風12号が東海地方に接近していたため、まずはお客様や学生たちの安全を第一にと悩みに悩んだ末中止という決断を下しました。ところが、中止をご存じない方々や学校説明会を聞くために高校生が来られたため、28日(土)午前のみささやかに実施することになりました。

 ワールドフェスの目玉イベントは「アジアンカフェ」と「ステージ」。学生たちが母国の料理をお出ししたり、パフォーマンスをご披露したりします。料理は、中止の連絡が当日朝ということもあり、すでに出来上がっており、なんとかお客様に召し上がっていただくことができました。千葉トシオ君(ブラジル)が持ってきてくれたブラジルのチョコレート菓子はお母さんの手作りということで、お客様の別腹を喜ばせてくれたようでした。


また、ステージでは、司会者もいない、出場者もほとんどいない、という状況の中、出だしの岩本先生が心意気で見せた一人ダンスで会場は一気に盛り上がり、まるで台風を吹き飛ばすかのようでした。熱演が続く中インドネシア人のANNIS FRISKA SAFAさん(インドネシア)のアンクルンの指導ぶりはすばらしく、舞台に引っ張り出されたお客様は初めてアンクルンを手にし戸惑いながらも、あっという間に「キラキラ星」を合奏し、会場から大喝采を受けました。


中止したはずのワールドフェスでしたが、最終的には約150名ものお客様が来場くださいました。誠にありがとうございました。十分なおもてなしができなかったことをここにお詫びいたします。一年生たちが今回の悔しさを来年につなげ名誉を回復してくれることを願っています。来年も皆様のご来場をお待ちしております。