トピックス Topics

2018.07.21 ニュース

「インドネシアから高校生が来ました!!」

毎年、ヤヤサン・サリスナ・インドネシア(サリスナ財団 )というスラバヤに所在する民間の社会財団から当校の付属実用日本語学校にインドネシア人学生を受け入れています。彼らに日本文化と日本語を学んでもらい、日本とインドネシアの架け橋となる人材を育成する目的で行われています。この短期プログラムへの参加がきっかけで本気で日本留学を目指し、日本語学校へ入学するために再来日を果たす学生もいます。


今年は、7月2日から7月20日までインドネシアのスラバヤにあるSAIM高校の学生3名と教員2名がこの短期プログラムに参加しました。今回は学生の短期留学だけではなく、日本語教師の育成も含まれており、インドネシア在住のインドネシア人日本語教師をより強化する目的としても実施されました。当校の日本語教師養成講座の授業内容を凝縮した内容で行いました。
日本文化体験では、茶道、書道、着物の着付け体験が行われ、自分で袴を着ておもちゃの刀を喜んで構え侍に。清水の七夕祭りで日本のお祭りも楽しみました。当校の学生との交流会も行われ、英語と日本語を交えてのゲームや、日本人学生がダンスを披露したり一緒に折り紙をして盛り上がりました。